Precious Cargo EPISODE 4

大切な物を守る高度な技術

大切な物を守る高度な技術

1969年7月

世界は、人類史上初の特別な瞬間を目撃しました。

ゼロハリバートンでは、アポロ11号の偉業から50周年を記念して、アポロ11号の月での使命と成果、またサポートした我々の役回りについて、特集「プレシャスカーゴ」を5回のエピソードに分けて、配信します。

石用ケース

(別名:極めて貴重な積み荷を積載したケース)

- アポロ11号の挑戦:月の石を塵に変えずに持ち帰る - それを達成するため、月のサンプルを運ぶゼロハリバートン製ケースは、軽量ながらも三重構造で頑丈なアルミニウム合金で作られていました。内部は特製アルミニウムメッシュで作られていて、月への往復、大気圏突入、および着水時の衝撃からサンプルを守るために開発されました。

アール・ハリバートンのアルミ製ラゲージは、通常のケースでは満たすことのできないユーザーのニーズを満たすために発明され、瞬く間に世界一という評判を得ました。1969年夏、アポロ11号ミッションで使用されたケースは、違う星でも最高であることを証明しました。50年経過した現在、伝説的な能力と革新の精神はゼロハリバートンで働く全ての人に受け継がれ、究極のプロテクションを追求してケースを作り続けています。

世に二つと無い

ゼロハリバートンカスタムケースの紹介

ゼロハリバートンのアルミニウムラゲージは、精密機器を保護するための特注品として製品化されました。そのため何十年もの間、繊細な物品を守るケースを必要としている多くの旅行者から選択され続けてきたことは驚くべきことではありません。

「中身を壊さず目的地に到達するには?」という問題を解決するために作られた独創的で創造的なゼロハリバートンアルミニウムケースをいくつか紹介します。

アポロ11号から学ぶプロのヒント:

荷物の持ち運びをより良くする3つの方法

1. 保護は十分に。重量は少なく 1. 保護は十分に。重量は少なく

1. 保護は十分に。重量は少なく

ノイズキャンセリングヘッドフォンからタブレットやラップトップまで、現代の旅行には、お気に入りのガジェットやディバイスは欠かせません。空港、タクシー、ホテルでの移動中に壊さないようにするには、ケースによる保護は必須です。例えば、このカスタムゼロハリバートンアルミウォッチケースのように。頑丈なアルミ製ハードシェルと外部からの衝撃を吸収するインテリアで、中身を守ります。しかも、メタル製ケースなのにそんなに重くありません。

2. 検査による損傷を回避する方法 2. 検査による損傷を回避する方法

2. 検査による損傷を回避する方法

空港やターミナルでは、荷物の検査があります。あなたのバッグが開けられ点検された場合、きちんと整理して詰められた中身であれば、ダメージを最小限にすることが出来ます。ビジネス旅行のプロは、大事な機器などは見やすくアクセスしやすい専用のコンパートメントに収納します(MESAのような - エピソード2参照)。すべてを同じバッグに入れるのではなく、このマスターダイナミック社の製品のようにゼロハリバートンアルミケースを使用しておけば、検査も迅速かつダメージフリーで通り抜けることができます。

3. 旅行の内容にしたがう 3. 旅行の内容にしたがう

3. 旅行の内容にしたがう

ロンドンに旅行する場合でも、月に旅行する場合でも、旅行の内容はそれぞれ異なります。何をラゲージに入れるのか入れないのかというのは、目的地、空港、ホテル、期間、旅行する理由などに左右されます。旅行のプロは、どんな旅行なのかに応じて、自分のラゲージや持っていく物を決めます。そして、ガジェット類は別のケースに整理して入れ保護をします - 月のサンプルケースと同様ですが、壊れやすい物や貴重品を、専用ケースに収容しておくのは賢明で実用的です。基本は、必要な物をだけを持っていきましょう。

写真提供: NASA - ご厚意により許可転載