アポロ11号限定テクニカルケース - 7月20日発売開始

取扱店:ゼロハリバートン丸の内店、ゼロハリバートンGINZA SIX店、ゼロハリバートン横浜ランドマークタワー店、ゼロハリバートンハービス大阪店、伊勢丹新宿店、大丸東京店、東武百貨店池袋店
販売店舗検索

お知らせ

ゼロハリバートン ハービス大阪店は、8月19日(月)20日(火)ハービス全館休館日のため休業とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが宜しくお願い致します。 update:19.08.15

===================================

ゼロハリバートン GINZA SIX店は、8月26日(月)GINZA SIX全館休館日のため休業とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが宜しくお願い致します。 update:19.08.13

Precious Cargo EPISODE 5

懐かしい記憶

お気に入りの記念品を選出

懐かしい記憶

1969年7月

世界は、人類史上初の特別な瞬間を目撃しました。

ゼロハリバートンでは、アポロ11号の偉業から50周年を記念して、アポロ11号の月での使命と成果、またサポートした我々の役回りについて、特集「プレシャスカーゴ」を5回のエピソードに分けて、配信します。

Tプラス195時間18分21秒:

アポロ11号、地球に帰還

1969年7月24日午後12時50分(EDT)、歴史的なミッションは開始から195時間18分21秒後に終了しました。アポロ11号の乗組員、司令船、25キロ近くの月のサンプルは、無事に地球に帰ってきました。アポロ11号のミッションの経過を心配しながら見ていた数十億の人々は、無事に乗組員が地球に帰還したことを見て、人類史上もっともエキサイトなイベントが終了した事を実感したのでした。しかしNASAの科学者達と関係者にとって、それはミッションの始まりに過ぎませんでした。6つのアポロミッションで集められたサンプルは2,200種にもおよび、最初となったアポロ11号では、ゼロハリバートンのケースに収納し持ち帰りました。この貴重な物質は、世界中の機関に提供され、研究者は太陽系・月・地球の起源に関して深い理解を得ることができました。NASAと20,000以上の企業と大学、そしてゼロハリバートンによって、この「貴重な貨物」は地球に持ち帰られたのです。

地球版、貴重な積み荷:

お土産

アポロ11号が持ち帰った月のサンプルは、月の歴史よりもはるかに大きなストーリーを語ります。サンプルは、宇宙飛行士が行った場所や人類初の様々な経験などを伝える物なのです。

毎年、何百万人の旅行者が旅先でお土産を手に入れ、家に持ち帰ります。空港のギフトショップで購入したスノーグローブであったり、アテネのストリートマーケットで購入した手作りのお皿であったとしても、それらのお土産を通して旅行での体験や冒険などの物語を、家に帰ってみんなに共有することができます。ここで、私たちの好きな旅行作家とブロガーに、彼らの宝物(お土産)や経験を紹介していきます。

お土産に精通している

旅行のエキスパートが、貴重品と思い出を無事に持ち帰るためのヒントを共有します

1.お土産の保護は、「ロブスター」のように 1.お土産の保護は、「ロブスター」のように

1.お土産の保護は、「ロブスター」のように

旅行中に収集された壊れやすい宝物を輸送する最良の方法とは?アポロ11号ではこの質問への答えとして、ゼロハリバートンのケースを使用しました。何年もの旅行の後、アンジェラ・カーソン(WanderwithAngela)は、地球上での旅行者のためのアドバイスとして「ロブスター」思考法をおすすめしています。ロブスターの外部ハードシェルは、おいしく繊細な内部を保護しています。セラミックティーポットでもフレームなしの水彩画でも、ゼロハリバートンアルミ製ケースような耐久性のあるトラベルケースで最大限に保護してください。段ボールや何層にも重ねた防護シートを使用しても大丈夫です。

2.大切なものはいつも近くに 2.大切なものはいつも近くに

2.大切なものはいつも近くに

旅行中に最高のお土産を見つけ、家に持ち帰りたいが壊れやすく、しかも空港、手荷物係、ホテルのボーイ、タクシー、数千マイルの移動が立ちはだかる場合、どうするのが良いのでしょうか?何年もの旅を記録し、数万マイルを旅したトレバー・ジェームズ(フードレンジャー)の答えは、至ってシンプルです。それは、いつも一緒にそれを持ち運び、視界の外に置かないことです。貴重な物を持ち運びする際は、旅行のプロであるトレバー・ジェームズのアドバイスを聞き入れてみてください。アポロ11号の乗組員も同じことをしました。

3.すべてを入れる場所と、それぞれのための場所 3.すべてを入れる場所と、それぞれのための場所

3.すべてを入れる場所と、それぞれのための場所

過酷な旅行中、繊細な物品が壊れないようにするにはどうすればよいのか、という質問に対して、50カ国以上を旅行したベテラン冒険者シヤ・ザラビ(地球のホップスコッチ)は、とても明快に答えてくれました。「アイテムを安全に保護するために慎重に包み、それぞれを専用の場所に収納するべきだ。」そして ” プロのヒント” として「ちょっとした保険を持ち歩くこと。」彼の場合、より壊れにくくするため靴の中に物を隠したり、予期しない発見した物を保存するケースとして強固なサングラスケースを常備し旅行しています。

Announcing

The Apollo 11 50th Anniversary Limited-Edition Case

ゼロハリバートンは、歴史的偉業を成し遂げたアポロ11号ミッションの一役を担った事を誇りにしています。その業績から50周年を記念して、貴重な月の石を地球に持ち帰ったゼロハリバートン製ケースからインスピレーションを受けた、限定テクニカルケースを開発しました。

THE APOLLO 11 50TH ANNIVERSARY LIMITED-EDITION CASE THE APOLLO 11 50TH ANNIVERSARY LIMITED-EDITION CASE
THE APOLLO 11 50TH ANNIVERSARY LIMITED-EDITION CASE

THE APOLLO 11 50TH ANNIVERSARY LIMITED-EDITION CASE

アポロ11号ミッション50周年記念限定テクニカルケースは、月のサンプルを持ち帰ったケースと同じDNAを持っています。NASAアポロ11号ミッション50周年記念ロゴをセンス良く刻印し、耐久性、安全性を考え抜いて作られた限定ケースは最高のプロテクションで中身を守ります。

商品詳細
写真提供: NASA - ご厚意により許可転載